プラスチック成型・加工ならPLAMOへ

ガラス繊維入り樹脂のウエルドラインについて

2009/6/3 (水) Posted in プラスチック成形事例, IMP工法事例 ウエルドラインとは溶融樹脂が金型内で合わさる現象で、溶融とはいえ型内を通過していく段階で表面が膜状の固化層が出来、その固化層どうしが合わさる為、強度不足を招いてしまう。 解決方法は固化膜を作らない、または薄くすることである。 その為には射出圧力を上げる、射出スピードを上げる、型温度を上げる、ガスベントを付けて射出時の抵抗をなくす、と言った方法が考えられる。問題となるのがガラス繊維入りの材料の場合、固化層の上にガラス繊維のみの層が形成されることにある。また、ガラス繊維がウエルドラインと平行に並ぶ領域がウエルドライン全体に分布することです。 この事から引張強度・曲げ強度共に極端に低下する、特にガラス繊維入りの材料の場合、引張・曲げとも半減すると言ってよい。 高強度部品の製造に対してガラス繊維入り材料を使っているのだが、この問題は大きな問題として残っていました。 弊社所有の成型加工技術「IMP工法」では ウエルドライン強度に対しては直接的改善は少ないと言える、ウエルドライン部に圧を掛けることによる強度増強は見込めるもののその効果は限定的です。 「IMP+(プラス)工法」(現時点では非公開)ではウエルドライン強度には直接的に効果が御座います。 ご興味のある方は直接お問合せください。 「IMM工法」ではウエルドライン強度を主テーマとして開発した技術です、勿論ウエルドライン強度改善には効果がございます。詳しくは「IMM工法」のページをご覧下さい。 弊社では「IMM工法」に対してお客様のニーズに合わせた形で様々な工法を開発しています。 その内の一つ、「IMM+(プラス)工法」は「IMM工法」で対処できなかった形状などに有効な技術として確立しています。こちらも現在は非公開とさせて頂いております。弊社にて製造を委託される企業のみの公開としております、併せてお問合せください。

2009年6月に投稿したPLAMOの記事一覧

Post a Comment