当社独自開発のプラスチック肉厚高精度成型技術「IMP工法」で強度の高い、信頼性の高いプラスチック部品・樹脂部品を実現します。

プラスチック肉厚高精度成形技術

「IMP工法」で射出成形の領域を越えた品質の製品を作ります

「IMP工法」は金属部品の樹脂化を推進させる目的で開発した加工方法です。
ボイドによる強度低下改善は勿論、ヒケによる外観不良改善、ソリの低減、高次元の寸法安定が得られることがメリットです。
通常の射出成形で不可能であった領域での安定成形が行なえる素晴らしい加工方法です。
(IMP工法:イン・モールド・プレッシング工法の略)(IMP工法は当社独自開発による加工方法です)

高強度実現提案

引張試験動画をご覧になれます

高精度実現提案

IMP工法とはどんな加工方法

IMP工法は成形圧縮工法の一種です。
成形圧縮とは金型内に樹脂を射出充填し射出中、射出後に充填された樹脂を圧縮して形を整える加工方法です。
IMP工法は圧縮部位を自由に設定できる事から、対応出来る製品形状に自由度が増します。
既存金型の改造にて対応する事が可能です。(詳しくはお問合せください)

IMP工法で出来る事

通常の射出成形では不可能な領域の

1、肉薄・肉厚・偏肉製品のヒケ・ボイドを抑えます
2、高精度・寸法安定の製品を作ります
3、ソリ・変形を抑えます

IMP工法が対応出来る製品形状

IMP工法は通常の射出成形用金型の構造を使う事が出来、対応出来る製品形状の自由度が御座います。

1、スライド駒構造を有するアンダーカット製品
2、穴の有する製品
3、多数個取り等

⇒詳しくは「製品設計」へお進みください。

VA/VE 提案
効果 ポイント

金属部品の樹脂化

高強度・安定技術による信頼性向上

部品複雑形状の簡素化

偏肉な成形が可能により金型構造の簡素化、成形性の向上

部品の複合化

偏肉な成形が可能により不可能とされていた複合化が可能

外観部品の改善

ヒケ・ボイドの改善、外観部品の成形性向上

切削加工対応改善

肉厚製品ゆえ寸法精度向上の為に後加工で切削を行なっていた製品に
対し後加工不要にて成形を行なう

金属インサートの削除

偏肉高強度成形により金属インサート不用、リサイクル性向上

プラットフォーム設計の実現

偏肉成形により、設計コストを下げる

IMP工法導入ストーリー

IMP工法を広くライセンス

IMP工法のライセンスに関するお問合わせ

プラスチック肉厚高精度成型技術のお問合わせはこちら

樹脂部品・プラスチック成形・加工はIMP工法・IMM工法のPLAMO 株式会社