設計や成形過程における課題で困っていることなど、ご相談ください

ソリの改善方法

ソリの発生原因

1-1 冷却バランスの不均衡によるもの
1-2 コア層(射出後直ぐに固化する層をスキン層、直ぐには固化しない層をコア層)の内部応力によるもの
1-3 樹脂の射出時の流れ方向によるもの

<成形条件による対策>

2-1 金型の冷却バランスを考慮して金型を作る、特に熱の放出の悪い箇所の配慮が必要
2-2 ヒケ・ボイドの発生を抑える成形条件で加工するが、100%解消されない
2-3 樹脂の特徴として流れ方向に高分子が長く変形して固化する特徴がある。

金型温度を上げた条件で多少改善するが、基本的には樹脂温度と同じ型温度が理想である。
また、この樹脂の配向によるソリの場合は、成形後のアニーリングが効果的である。
アニーリングは樹脂の配向を正常な形に戻す働きがあり、比較的に軽微な内部応力を除去する。

1-3での最大の問題は充填剤(ガラス繊維等)が入った樹脂の場合に分子の配向と同じ向きに
繊維が並んでしまう事です。
この場合はアニーリングを行っても繊維の配向は改善しません。
繊維入りの樹脂の場合の対策としてはバランスの取れた製品設計が一番効果が在り、
続いてゲートのバランスや位置、数量となりますが、あまり効果は期待できません。
多くの成形業者はこの材料でソリ等の変形で一番苦労をしていると思います。

<製品設計による対策>

製品設計での注意点は均一肉厚にて設計する事である。
その上で内部応力の変化が予想される部位には予め補強リブを付けるか、内部応力の変位がおきない形状にする必要がある。
また、金型の構造に配慮し、必要な冷却構造は予め指示を出す必要がある。
問題となる繊維入り材料の場合は特に注意が必要で、バランスの取れた製品設計が必要で、
非常に高度な技術にて製品設計を行わなくてはならない。

<IPM工法による改善方法>

IMP工法で解消されるソリの原因は1-2の分野に限定される。
内部応力の変化を改善してそれによる変形を抑える事が出来る。
但し、それ以外の要因でのソリの改善には限定的であるといえる。

プラスチック成形・加工 PLAMO株式会社
TEL:0495-22-5056

  1. One Response to “ソリの改善方法”

  2. By Rice Cooker Reviews on 2012/1/5 (木)

    Outstanding info, pleased I stumbled right here.

Post a Comment