設計や成形過程における課題で困っていることなど、ご相談ください

イニシャルコストダウン方法

イニシャルコストとは「初期経費」のことであり、当業界では金型製作費に該当する。

金型製作費を抑える方法は幾つかありますが、多くが金型製作会社に任せっきりとなっている現実があります。
製品メーカーが任せっきりだというのであれば、まだしも、メーカーから製作依頼を受けた成形業者が金型製作業者に
丸投げする事は技術の蓄積から大変な問題だと思います。

<イニシャルコストダウンを行う為には>

1、金型製作を海外、特に中国で行う。
2、国内業者で合い見積もりを取って一番安い業者に依頼する。
3、頻繁にお願いしている業者に無理言ってお願いする。

単純に金型製作費を下げる目的ですと、この3種類の方法が考えられます。
重要なポイントは依頼する金型製作業者の質です。
寸法精度はもちろんの事、成形性も考慮している金型の設計になっているか、
金型は想定している樹脂の特長を考慮しているか等、総合的なバランス感覚が大切です。

1の場合の頻繁に起こる問題点としては、駒合わせ構造が金型の加工し易さを中心としていて、
成形性を考えていなす事です、駒材は比較的に良い物を使っていますが、
ガスの逃げを考慮していなかったり、突き出し位置に配慮が無かったりする傾向にあります。

2の場合は私が一番避けたい方法です、金型を安くすることは最近の工作機械では簡単な事です。
極端な場合、じか彫りしますととりあえず試作段階で良品が取れますが、耐久性がない金型である事は言うまでもありません。
ある一定の条件を提示しての合い見積もりであれば問題ないのですが、
その条件を出せる技術的な蓄積が必要です。

3の場合は比較的に問題のおきない方法かと思いますが、無理をお願いしている為
長続きしない現実があります。

推奨する最適な方法が、製品設計から金型、成形までの事を考慮に入れて設計を行う事です。

一昔前は製品設計者が金型製作業者や成形業者の意見を取り入れて、自分の技術の向上も考えて
お打合せを行っていました。
残念ながら、最近は成形機の精度が上がった為なのか、金型加工の精度が上がった為なのかは解りませんが
製品設計者が金型技術や成形技術を吸収しようとする意欲が見えなくなりました。

実は製品設計でこれらの技術を踏まえて設計しますと驚くほどの効果が在ると思います。→製品設計はこちら

プラスチック成形・加工 PLAMO株式会社
TEL:0495-22-5056

  1. One Response to “イニシャルコストダウン方法”

  2. By 近松丸 on 2013/10/26 (土)

    ブログで書いてあること、伝えているモノは今まで一番聞きたかったのです。

Post a Comment