プラスチック成形・加工の豆知識

トランスファー成形

概要
圧縮成形の加熱・圧縮の工程を効率化した加工方法である。
1、予め加熱されている金型に予備の加熱室を設け、そこで樹脂を加熱する、
2、加熱、流動状態になった樹脂を加圧してキャビティー内に圧縮する。
3、冷却後製品を取り出す。

製品例
基本的に圧縮成形と同じ。

メリット
圧縮成形金型と比較して、加熱室を型内に設ける構造となっている為、構造が複雑な分、型代は高くなる。
圧縮成形に比べて量産向けといえる。

デメリット
計量によって製品のばらつきが起こる、基本的にはバリ取を行わなくてはならない。
金型を冷却する必要がある為、比較的に成形時間が長い。
加工業者が極端に少ない。
熱可塑性樹脂にも対応している加工方法であるが、現在では行える企業は無いと思われる。
圧縮成形⇒トランスファー成形⇒射出成形の技術革新の過程で生まれた加工方法

Post a Comment