プラスチック成形・加工の豆知識

押出し成形

概要
1、原材料を成型機に投入し、加熱し、スクリューを回転させて溶融状態の樹脂を出す。
2、金型に通して形を整え冷却して製品にする。
3、規格寸法に切断して完成
寸法制度を上げる為に冷却過程で再度寸法を安定させる型に通す方法が主流
断面形状がどこを切っても同じで、エンドレスに成型ができる。

製品例
ビニールホース、樹脂棒、シート、雨どい、フィルム、ビニール電線等

メリット
金型構造が単純な為、安価
エンドレスに成型が出来、製品単価が安価
連続成型が可能な為、条件だしは難しいが肉厚成型が可能
(試作用の切削材料はこの方法で作られる)

デメリット
製品形状に制限がある。(全ての断面形状が同じ)
小ロット生産には不向き

Post a Comment