プラスチック成形・加工の豆知識

インフレーション成形

概要
1、押出し成型機と同様に溶融樹脂を連続して出す。
2、出された樹脂の中央に圧縮空気を吹き付け膨張させる。
3、円筒の膜状の製品が出来る。
途中溶着、切断する装置を付加する事により袋が出来る。

製品例
ビニールラップ、樹脂袋等

メリット
金型構造が単純な為、安価
エンドレスに成型が出来、製品単価が安価
薄肉成型品が出来る

デメリット
設備が大掛かりとなる
小ロット生産には不向き
押出し成形と同様製品形状に制限がある(全ての断面形状が同じ)
圧肉製品は不可能

Post a Comment