プラスチック成形・加工の豆知識

ブロー成形

概要
1、押出し成型機と同様に溶融樹脂を連続して出す。
  その際既に空気の通る道を作っておく。(ちくわ状の溶解樹脂)
2、型内で出された樹脂の中央に圧縮空気を吹き付け膨張させる。
3、冷却し完成
  型内で風船を膨らますイメージ、押出された樹脂の先端を型で潰して袋状にするのが特徴。
  ペットボトルなどは厚さを均一にする、ネジ部を形成する目的で、圧縮空気を送る前の製品を射出成形で作っておき再度暖めて成形する。

製品例
各種ビン、容器

メリット
金型の構造が単純で比較的に安価
大量生産型の加工方法
薄肉の成型が可能(軽量化)
成形時間が短い

デメリット
肉厚の精度が出にくい。
設備が大掛かりとなる。
小ロット生産には不向き。
形状が複雑に出来ない。

Post a Comment