プラスチック成形・加工の豆知識

ヒートアンドクール成形(ウエルドレス成形)

概要
射出時に金型温度を上昇、離形時には型温度を降下させる成形方法である。

製品例
外観製品

メリット
ウエルド、金型の転写性、ソリを向上する目的で、射出時には樹脂圧がかからない状況であり、射出時に応力が殆どかからない状況を
作る事が出来る。ある意味、理想に近い成形方法といえる。
ウエルドが無く、金型の転写性が向上する事から優れた外観の製品を作る事ができる。

デメリット
急速な型温上昇、下降を行う必要があり、金型の温調に工夫を施さなくてはならない為、金型製作費がかかる。
当然ながら成形サイクルが長くなり、光熱費もかかる為、製品単価が上昇する。
肉が薄い物に有効で、若干の偏肉でもソリ、ヒケの原因となる。
実はウエルドが無くなるのではなく、肉眼で見えなくなると言ったほうがよく、ガラス繊維入りなどの添加剤の入った材料の場合は
ウエルドの強度不足は解消されない。
ナチュラル系の材料の場合はウエルド強化に繋がる。

Post a Comment