プラスチック成形・加工の豆知識

異材成形

概要
従来の2色成形ではデザイン重視の成形方法であったが、現在は1形に同時に射出して、肉厚の外観部品等を作る技術である。
上記のガスインジェクションのガスの代わりに発泡樹脂を射出するといった考え方により、ヒケの無い圧肉な製品が可能となる。

製品例
ドアノブ、車のダッシュボード

メリット
製品内部に異質の材料を射出する事が出来、外観の品質向上、内材の特性を持つ複合的な部品の成形が可能となる。
内材を発泡させることにより肉厚な製品も外観上問題の無い製品となる。
近年、ガスインジェクションの代わりにこの方法が取られている。

デメリット
2種類の材料の相性がある為、全ての材料に適応出来ない。
内材が発泡の場合は強度の必要な製品には不向きである。

Sorry, comments for this entry are closed at this time.