プラスチック成形・加工の豆知識

絶縁破壊強さ  KV/mm

絶縁破壊とは、絶縁体にかかる電圧がある限度以上になった時に、絶縁体が電気的に破壊し絶縁性を失って電流を流すようになる現象のことをいいます。
この時の電圧を絶縁破壊電圧といい、絶縁破壊電圧を材料厚みで割った値を絶縁破壊の強さといいます。
製品内部に気泡や吸水があった場合は強さが変化します。

Post a Comment