プラスチック成形・加工の豆知識

ポリ塩化ビニル(PVC)

名称
ポリ塩化ビニル
PolyVinylChloride(PVC)
非結晶性

用途例
室内壁・床材、シート、電線、パイプ

特徴
可塑剤、添加剤、安定剤を加えることで硬質樹脂から軟質樹脂まで幅広い性質の材料を作ることができる。
耐候性、難燃性に優れ、建材や屋外の製品に使われている、比較的安価。

成形性
加熱すると、65~85℃で軟化し、120~150℃で可塑性となる。
軟質塩ビは比較的に熱分解しないが、硬質塩ビの場合分解し、塩素ガスが発生し易い。
塩ビ専用の成型機が必要となる。

ポリウレタン(PU)

名称
ポリウレタン
PolyUrethane(PU)
結晶性

用途例
バンパー、取っ手

特徴
ポリウレタンには、熱可塑性と熱硬化性のものがある。熱可塑性は耐油、耐磨耗に優れている。

成形性
非常に低温での成型で、流動性が悪く、流れ難いのが特徴である。

ポリテトラフルオロエチレン、ポリ四フッ化エチレン(PTFE)

名称
ポリテトラフルオロエチレン、ポリ四フッ化エチレン
PolyTetraFluoroEthylene(PTFE)
結晶性

用途例
撥水材、離型材

特徴
耐熱性に優れ耐熱温度260℃と極めて高い。
磨耗係数が低く、耐薬品性、耐候性、耐寒性に優れている。
商品名「テフロン」で有名である。

成形性
非常に高い温度での成形、耐腐食の加熱筒が必要である。
離形性は良い為、特別仕様の成形機が必要とされている。

ポリサルフォン(PSU)

名称
ポリサルフォン
Polysulphone(PSU)
非結晶性

用途例
ICキャリアーライト部品、酪農機器・業務用調理器、滅菌用機器、ダイナモ部品、光学部品

特徴
透明で機械的性質に優れるエンジニアリングプラスチックである。
耐熱水性、対クリープ性に優れている。

成形性
加工性は非常に良い。

ポリスチレン(PS)

名称
ポリスチレン
PolyStyrene(PS)
非結晶性

用途例
弱電機器の部品、ハウジング

特徴
剛性に優れ、非晶性で表面硬度高く、透明性に優れている。
GPーPSは衝撃強度に弱点があるが、HI-PSは耐衝撃強度がある。

成形性
剛性がある為、離型不良には注意が必要である。
比較的バスの発生はない。
表面の光沢は出やすい材料である。

ポリフェニレンスルフィド or -サルファイド(PPS)

名称
ポリフェニレンスルフィド or -サルファイド
PolyPhenilenSulfide(PPS)
非結晶性

用途例
家電、電気・電子、自動車部品

特徴
耐熱性樹脂で、熱変形温度は220℃である。耐薬品性があり、剛性もある。

成形性
流動性に優れていて、成形性は良い。

ポリプロピレン(PP)

名称
ポリプロピレン
PolyPropylene(PP)
結晶性

用途例
自動車、家電部品、フィルム、ヘルメット

特徴
耐衝撃性に優れているが、耐寒性耐候性、耐熱性に問題が在る為、使用環境を選ばなくてはならない。

成形性 
熱安定性に優れ、多少の温度でも分解する事はない。
収縮率が大きい事から寸法安定性に難があり、製品設計では安定的な形状にする事。

ポリオキシメチレン(POM)

名称
ポリオキシメチレン(アセタール)
PolyOxyMethylene(POM)
結晶性

用途例
歯車、軸受

特徴
耐疲労性、クリープ特性、摩擦係数に優れてバランスの良い材料である。
金属の代替材料として使用される。

成形性
射出圧力により収縮率が変化をするといった特徴があり寸法精度に難がある。
収縮率が大きいのでヒケ、ソリなどの問題が発生した場合解決手段がない。

ポリメタクリル酸メチル(PMMA)

名称
ポリメタクリル酸メチル(アクリル)
PolyMethylMethAcrylate (PMMA)
非結晶性

用途例
コンタクトレンズ、時計のガラス、光ファイバースコープ、水族館用ガラス

特徴
ガラスより光線透過率が良く、透明性にすぐれる。
硬度が高く耐候性に優れている。

成形性
硬度が高い為、突き出しによるクラックが発生し易い。
離型時、製品温度を下げないように工夫すると良い。

ポリエチレンテレフタレート (PET)

名称
ポリエチレンテレフタレート (ペット)
PolyEthyleneTerephthalate(PET)
結晶性

用途例
ボトル、家電部品、

特徴
耐熱性に優れ120℃に耐えられる。
耐薬品性、延伸特性に優れている。

成形性
流動性に優れているが、耐衝撃性に難があるため離型不良を起こす事がある。

ポリエーテルニトリル (PEN )

名称
ポリエーテルニトリル (PEN )

用途例
軸受、精密摺動部品、高耐熱部品等

特徴
熱可塑性スーパーエンプラにおいて最高レベルの多くの特長を有する。
過酷な耐熱条件などで使用される。

成形性
非常に高温での成形であるため、特別なヒーターが必要である。

ポリエーテルエーテルケトン(PEEK)

名称
ポリエーテルエーテルケトン(ピーク)
PolyEtherEtherKetone(PEEK)
結晶性

用途例
宇宙・航空、自動車部品、磁気測定用試料ホルダー

特徴
非常に強靭であり、耐熱性では150℃、ガラス繊維充填グレードでは300℃を超える。
耐疲労性、耐磨耗性、耐薬品性、耐放  射線性に優れている。

成形性
非常に高温での成形であるため、特別なヒーターが必要である。

中密度ポリエチレン(PE)

名称
中密度ポリエチレン
PolyEthylene(PE)
結晶性

用途例
バケツ、水・燃料タンク、ワッシャ

特徴
耐衝撃性、耐寒性に優れている、安定的な材料であり、耐薬品性、耐水性に優れている。

成形性
熱安定性に優れ、多少の温度でも分解する事はない。
収縮率が大きい事から寸法安定性に難があり、製品設計では安定的な形状にする事。

ポリカーボネート(PC)

名称
ポリカーボネート
PolyCarbonate(PC)
非結晶性

用途例
風防ガラス、ハッチ、機械部品、食品容器、コンパクトディスク、ヘルメット

特徴
熱可塑性樹脂の中で最高の衝撃強度を持ち耐熱性、低温特性に優れている。
透明性、耐候性に優れている。
耐薬品性に難があるため注意が必要。

成形性
収縮率が小さく、離型性が悪い為、配慮が必要である。
リサイクルでは黄色に変色しやすい。

ポリブチレンテレフタレート(PBT)

名称
ポリブチレンテレフタレート
Polybutylene Terephthalate(PBT)
結晶性

用途例
自動車用ワイパー、電子部品、カメラ部品

特徴
耐熱性に優れ、流動性が良い、エンジニアリングプラスチックとしては比較的に安価である。
耐薬品性にも優れている。

成形性
流動性に優れ成型性は良い方である。
ガスが発生し、金型の隙間に詰まってしまいやすい。