プラスチック成形・加工の豆知識

曲げ強さ

プラスチックの強度試験の代表的な方法がこの曲げ試験である。

曲げ試験は平板の試験片(全ての断面形状が同じもの)を使用し水平にした試験片の両端を支持し、中央を圧子で圧縮を加える。
その時のひずみと応力の関係から曲げ強さを測定する。

弾性体の場合は弾性変形後破壊され、最大点力を示します。(繊維強化樹脂等)
粘弾性体の場合は弾性変形後粘性変形を起こしますが、概ね弾性変形の最大点力が曲げ強さとなります。(ABS・PC等)

曲げ強さは製品にボイドやウエルドライン等の欠陥がある場合は極端に低下し、製品の使用上大きな問題となります。

当社では上記の欠陥を抑え安定した強度を実現するノウハウを保有しています。

Post a Comment