プラスチック成形・加工の豆知識

熱変形温度

試験片の両端を加熱浴槽中で支え、中央の荷重棒によって試験片に所(18.6kgf/cm2)の曲げ応力を加えつつ、加熱媒体の温度を2℃/分の速度で上昇させ、試験片のたわみが所定(0.35mm)の量に達したときの加熱媒体の温度をもって、その材料の熱変形温度とします。  

試験サンプル  

Post a Comment