プラスチック成形・加工の豆知識

圧縮成形

概要
1、加熱された凹型に樹脂を入れる(熱硬化性樹脂)
2、加熱された凸型を合わせ、加熱加圧し樹脂を硬化させる。
3、硬化後に製品を取り出す。
プラスチック成形の最古の成形方法である。

製品例
熱硬化性樹脂の特徴を生かした製品
熱に強い電気部品等
肉厚の工業用部品

メリット
射出成形型に比べて構造が単純である為、型代が比較的に安価
小ロット対応
成型機が単純で安価

デメリット
計量によって製品のばらつきが起こる、基本的にはバリ取を行わなくてはならない。
加工業者が極端に少ない。
熱可塑性樹脂にも対応している加工方法であるが、現在では行える企業は無いと思われる。
大量生産には不向きである。

Post a Comment