2009年6月

大企業と中小企業の違い

先日、あるグループ主催(実は会長を努めているのだが)の講師例会が行われた。 その講師の方は税理士で中小企業が陥っている問題点を分析しアドバイスしている。 特に、1年前からメールマガジンを配信し始めてからの発展は大きいようである。 インターネットを武器として使いこなす事の大切さを痛 ...

≫ 記事の続きを読む

真空ボイドの改善メカニズム(IMP工法)

真空ボイドの改善に関してのお問い合わせを多数頂いております、 当社での改善方法をここでご紹介いたします。 射出成形において、金型内に射出した樹脂が固化する過程で 収縮が起きヒケやボイドが発生します。 型内に射出された樹脂の内厚を高めて冷却固化する時に 型内の内圧がゼロに近づくよう ...

≫ 記事の続きを読む

経営革新について

中小企業庁で行われている「経営革新計画」という制度がある。 当社も2年前に取得した制度であるが、 比較的に簡単に取得できる。 この制度の良い所は、埼玉県でこの制度を取得するに 無料で経営コンサルタントを雇える点である。 勿論、経営革新を取得する目的で、コンサルして頂くのだが、 自 ...

≫ 記事の続きを読む

倒産があいつで・・・・・・

ここのところ周囲の企業倒産がいたる所で起きてきている、 想像はしていたが、実際に起こり始めると日本の将来について考え直さなくては ならなくさせる。 昨年の暮れから突然やってきた津波のような不況も長引けば長引くほど 日本の製造業に深い爪あとを残す形となる、 まさに津波であり、多くの ...

≫ 記事の続きを読む

景気動向

先日、GMがついに倒産してしまった、クライスラーに引き続きのことである。 人間の心理とは不思議な物である。 全てが調子良くいっている時の悪材料の反応は敏感であるが、 全てが調子悪くいっている時の悪材料の反応は鈍感になる。 悪い材料もリーマンショックのような場合はネガティブに反応し ...

≫ 記事の続きを読む

真空ボイドのメカニズム

真空ボイドは溶融状態の材料が外部から固化が始まり全てが固化する時に 製品中央に密度の薄い部位が出来、ある限界点を超えると真空のボイドが 出来る。業界では気泡と呼ばれているが、多少のガスは含まれるものの、基本的には 真空状態である。 溶融状態の材料を金型に射出し冷却を行う加工方法で ...

≫ 記事の続きを読む

PAGE TOP