収縮率について(プラスチック加工)

収縮率は金型を製作する上でとても大切な要素です。

ある製品図があり、この成形をどの様な成形条件で行うか?成形サイクルを幾つに設定するかで収縮率は変わってきます。

材料メーカーから出されている収縮率は近年、色々な条件設定で収縮率を計算できるようになり、精度が高まってきました。しかし、射出圧力や肉厚により更に各企業がノウハウとして蓄積したものを使う必要がございます。

金型を作成する際に、段階的に金型を完成させる道筋を持って対応する必要があります。

近年ではシミュレーションにより収縮状況や変形状況が事前に確認できます。この様なツールを有効活用することをお勧めいたします。


よろしければシェアお願いします

2019年4月に投稿したPLAMOの記事一覧

この記事のトラックバックURL

PLAMO株式会社

〒367-0002 埼玉県本庄市仁手279番地

TEL: 0495-22-5056FAX: 0495-22-5060