2010年3月

ヒートアンドクール工法の考察

近年、ヒートアンドクール工法が注目を浴びている、 金型の温度を射出時に上げ、直後に冷却し製品を作るといった 考え方である。 加熱に蒸気や電気的なヒーターが使われているが、 急速冷却を行なう必要があるため金型の温調に工夫が必要となる。 ヒートアンドクール工法でのメリットは型の転写性 ...

≫ 記事の続きを読む

PAGE TOP