気泡のコントロール


写真はPOM樹脂(ジュラコン M90-44)の、一辺が12mm、長さが200mmの角柱の製品のカットサンプルである。
ご覧の通り通常成形において気泡が発生している。外観はそんしょくの無い製品であるが、
内部にはこのような欠陥が潜んでいる。
特に圧肉成形品、偏肉成形品においては設計者が意図していた強度が出ないといった問題がここにある。
また、気泡の位置も特定できないという問題もあり、今まで強度的に不安定な製品を作っていたことになる。

「IMP工法」ではこの気泡を完全に押さえ込むことに成功している為、安全・安心な製品を作ることが出来る。


よろしければシェアお願いします

2009年6月に投稿したPLAMOの記事一覧

この記事のトラックバックURL

PLAMO株式会社

〒367-0002 埼玉県本庄市仁手279番地

TEL: 0495-22-5056FAX: 0495-22-5060

PAGE TOP